ブログ記事詳細

マイクロエンド

大阪市西区心斎橋北堀江の吉川歯科医院です。

ブログの方ご無沙汰しておりました、もう季節は秋になってしまいましたね。

この度ご紹介させていただくのは、顕微鏡(マイクロ)でないと絶対に治療できない症例となります。

マイクロエンド

治療後10年ほど経ってから上の真ん中の前歯に違和感があるということで、お越しになられた患者さまだったのですが…

確かにこの一枚のデンタルX線写真では、綺麗に根っこの治療が終わってキチンと治療が済んでいる歯のように思われます。

このblogをよく読んでくださっている患者さまでしたらもうご存知と思われますが、デンタルX線の写真は、よくどこの歯科医院さんでも一般的に取られる小さなサイズのお写真です。

マイクロエンド

当医院では、歯科用CTも導入しておりますので…

このような別の方向から見たX線写真も即日お撮りすることができます!

すると、根っこの光る部分になんだか亀裂があるのを発見!!

 

マイクロエンド

ただちにマイクロスコープを用いての治療を始めさせていただくこととなりました。

唇側の歯茎に小さな穴を開けていきます。

すぐに折れた根っこの詰め物が出てきました!

このまま根っこの先端から、根管治療を行いました。

 

このようにして、一本の歯を大切に保存することができます。

マイクロスコープを使った根管治療でしたら、ぜひ大阪市西区心斎橋北堀江の吉川歯科医院までお越しください。

マイクロエンド