歯周病、歯周外科

  • HOME
  • > 歯周病、歯周外科

日本人が歯を失う原因第一位~歯周病治療~

歯周病とは、歯ぐきが炎症を起こして出血し、進行すると歯が抜けて落ちてしまう恐ろしい病気です。しかし、初期段階では痛みなどの自覚症状がないため、気づかないうちに重度まで進行してしまうことが多く、日本人が歯を失う原因の第一位となっています。歯周病を引き起こす原因としては、以下のようなものが挙げられます。

歯周病菌 お口の中にひそんでいる歯周病菌が口腔内に炎症を起こし、歯周組織を破壊します。
食べカス 口腔内のケアが不十分だと、歯周病菌が食べカスから栄養を得て増殖します。
詰め物・被せ物 詰め物・被せ物が歯に合っておらず、隙間ができていると、そこから細菌が侵入して炎症を引き起こします。
乱れた歯並び 歯並びが悪いと十分なブラッシングができず、しっかり磨けていない場所に細菌が残って増殖してしまいます。
喫煙習慣 喫煙によって免疫機能が低下し、歯周病にかかりやすくなります。また、血管が収縮するため歯周病になっても気づきにくくなります。

検査方法

ポケット診査

ポケット診査

「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べる方法です。歯周ポケット(※)が深ければ深いほど、歯周病が進行していると判断されます。

※汚れや細菌が溝に溜まり、歯周病菌が内部で炎症を起こすことでできる歯と歯肉の間の溝。

レントゲン検査

顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行していると判断されます。

細菌検査

細菌は肉眼では見えないため、「位相差顕微鏡」という特殊な顕微鏡を使用して調べます。細菌の状態や数などを調べて治療に役立てます。

当院の治療メニュー

SRP

SRP

「スケーラー」という器具を使って歯に付着したプラークや歯石を除去し、その後歯周ポケットに残っている汚れを「キュレット」という器具を用いて除去します。比較的症状が軽度な場合に行います。

エムドゲイン法

エムドゲイン法

GTR法と同様に、溶かされた顎の骨や歯根膜などの組織を再生させる再生療法の一種です。「エムドゲインゲル」という薬剤を歯根の表面に塗ることで歯が生えるときと同じような状況をつくり出し、歯肉の侵入を防ぎながら骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。

フラップ手術

フラップ手術

進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

レーザー

レーザー

特殊なレーザー光を照射することで歯周病菌を殺菌し、症状を改善する方法です。痛みがなく、ダメージも抑えられることが特徴です。

CTG(結合組織移植片)

CTG(結合組織移植片)

歯周病が進行して組織が溶けてしまった歯ぐき部分に、上顎から結合組織を切り取って移植する方法です。CTGによって歯根面を覆っている歯肉を増加させます。

FGG(遊離歯肉移植術)

FGG(遊離歯肉移植術)

上顎の口蓋部分から硬い歯肉を切除し、歯周病によってやせてしまった部分に移植する方法です。やせた部分をそのままにしておくと、歯周病が悪化する原因になってしまいます。

症例紹介

症例1

症例1症例1

炎症が起き、歯ぐきが赤くはれてしまっている状態です。定期検診やブラッシングを行うことで、キレイなピンク色の歯ぐきに戻りました。

症例2

症例2症例2

歯周病によって歯ぐきが部分的にはれてしまっています。ブラッシングを行うことではれが引き、元通りの状態に戻りました。

F-メソッド

F-メソッド

歯周組織を常に清潔に保つことで、重度の歯周病でも歯を抜くことなく治療できる方法です。歯周病を放置すると歯周病菌が歯周組織を破壊し、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうことも。しかし、F-メソッドによって歯の再生を期待でき、歯周病菌を除去することができます。

F-メソッド
※クリックすると拡大します。

歯周組織を常に清潔に保つことで、重度の歯周病でも歯を抜くことなく治療できる方法です。歯周病を放置すると歯周病菌が歯周組織を破壊し、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうことも。しかし、F-メソッドによって歯の再生を期待でき、歯周病菌を除去することができます。

F-メソッドは2007年に新聞にも取り上げられ、現在でも様々な歯科医院で用いられている治療方です。「重い歯周病に非外科的治療」と、重度歯周病の患者様に対して、従来の歯周病治療のように手術をするわけでも、内科的治療のように薬を飲むわけでもありません。歯槽骨自らの再生する力を引き出す点というのがF-メソッドです。

治療の流れ
Step1 施術

Step1 施術

専用の歯ブラシを使用し、決められたタイミングでこまめにブラッシングを行います。炎症がおさまり、緩んでいた歯槽膜に弾力が出てきます。

Step2 クリーニング

Step2 クリーニング

重度の歯周病によって歯槽骨が失われてしまった歯に対して、丁寧なクリーニングを行い汚れや細菌を除去します。

Step3 歯槽骨が再生

Step3 歯槽骨が再生

さらに治療を続けることで、失われた歯槽骨が再生して歯周組織が元通りの状態になります。

ブラッシングのポイント
  • 1日あたり5回以上ブラッシングをすること
  • 専用の歯ブラシは24時間乾燥させること
  • 専用歯ブラシは必ず用途に合った使い方をすること
  • 歯磨き粉は使わないこと
  • 専用歯ブラシは1ヶ月で交換すること
症例紹介(F-メソッド)
  • Before
    症例紹介(F-メソッド) Before
  • After
    症例紹介(F-メソッド) After
  • 症例紹介(F-メソッド) Before
  • 症例紹介(F-メソッド) After
  • 症例紹介(F-メソッド) Before
  • 症例紹介(F-メソッド) After
  • 症例紹介(F-メソッド) Before
  • 症例紹介(F-メソッド) After
  • 症例紹介(F-メソッド) Before
  • 症例紹介(F-メソッド) After
  • 症例紹介(F-メソッド) Before
  • 症例紹介(F-メソッド) After

心斎橋・難波・四ツ橋の歯医者「吉川歯科医院」歯周病治療のご予約はこちらから