根管治療(マイクロスコープ治療)

  • HOME
  • > 根管治療(マイクロスコープ治療)

重度の虫歯を治療するために~根管治療~

根管治療(こんかんちりょう)」とは、虫歯が進行して歯の神経まで到達してしまった場合に行う治療法です。「根管」とは、歯の神経や血管が通っている管のこと。ここから細菌によって汚染された組織を除去・清掃し、内部を殺菌・消毒して薬を詰め、被せ物でふさぎます。

根管治療は難易度が高く、負担も大きいですが、自分自身の歯を残すためには重要な治療法です。マイクロスコープを利用して処置することで抜歯しなければならないほど虫歯が進行していても歯を残せる可能性が高まります。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、患部を数十倍にまで拡大することで治療の精度をより高められる歯科用の光学顕微鏡です。根管治療は、目視では確認できない数ミクロンの患部を施術しなければならず、従来歯科医師の経験や勘にもとづいて行われていました。しかし、治療の確実性を欠き、症状が再発するケースも多々ありました。

マイクロスコープは患部を拡大した状態で確認しながら治療ができる最新機器です。当院では医師の技術だけでなく、最新機器を活用することで、複雑な神経などの治療をより安全性の高いものにすることを目指しています。

ラバーダム

薄いゴム製のシートで、治療する患部のまわりに装着します。ラバーダムを装着することで、周囲の歯や組織から患部への細菌の侵入を防ぎます。また、削った歯のかけらや器具などが口腔内に落ちる心配もありません。

NiTiファイル

NiTiファイル

根管治療を行う際に、根管の形成・拡大に用いる細長い金属製の器具です。根管内は細く複雑な形状をしていますが、NiTiファイルは柔軟性があるため根管内でも問題なく施術ができます。

MTAセメントを用いた根管リペアについて

MTAセメントを用いた根管リペアについて

当院では、症例によって、封鎖性に優れたリペア剤「MTAセメント」を用いています。根管治療を治療するにあたって細菌が根管外へ出ることを防ぎ、再感染を防止して、歯と歯周組織を健康に保つことが非常に重要となります。MTAセメントは歯科用の水硬性セメントで、もし根管からはみ出た場合も吸収されてなくなり、またMTAの上にセメント質などの硬組織がつくられるという、生体親和性の高い薬です。MTAセメントを用いる症例は、次のとおりです。

  • 難治性と診断された場合
  • 根の先端にある、神経や血管の出入り口「根尖孔(こんせんこう)」が大きく開いている場合
  • 本来穴が開くべきでない側壁に穿孔(せんこう)が見られる場合
  • マイクロクラックがある場合  など

当院ではMTAセメントを適切に用い、抜歯の回避を行っています。どうぞ安心しておまかせください。

MTAのメリットはこちら

症例紹介
  • Before
    症例紹介 Before
  • After
    症例紹介 After

心斎橋・難波・四ツ橋の歯医者「吉川歯科医院」 根管治療のご予約はこちらから